Mac Book Proは買いか?

Appleの新商品が発表された。

丁度、
プレゼン資料を作成している時間帯にジョブズ氏のキーノートスピーチが行われていたのだが数年前らリアルタイムのストリーミング放送はおこなわれなくなっていた。

朝方に起きてサイトにアクセスするとPowerBookがリプレースされてMacBook Proが発表になっていた。
予想に反し、ハイエンドのノートブックが投入されたのだが正直なところデザイン面での斬新さが見られなかったのが残念である。

とはいえパフォーマンスに関しては「4倍」
と表記しているようにfinderやApple純正のソフトはかなり高速化されている模様である。

問題は値段と重さである。

値段は既存のNotePCとしては高額な部類の「249800円」。

また、2.5kgという重量は決して軽くはない。

デスクトップPCの替わりと考えればコンパクトで申し分ないが値段比で考えると同じく発表のあった新iMacの方が魅力的である。

Appleに限らずNotePCはどのメーカーも微妙なラインの製品しか出してこない。

「これぞベストのマシンだ!!」

と思わずにはいられないような製品がこれまであっただろうか?

白の初代iBookなどはそうした部類に入るかもしれないが。

逆にソフトに関しては買いの製品が目白押しである。

まず、Keynote3

そしてgaragebandと今回の目玉のひとつでもある
「iweb」。

デモを見る限り、iwebと.macのコンビネーションは絶妙のバランスで味付けされているようだ。
Webサイトをつくるにあたってはデザインの作成すらも本質ではない場合が少なくない。ブログなどはデザインのオリジナリティがなくても、
本文テキストの装飾などで独自の世界観をつくりだすことに成功してしまっているサイトも結構ある。

僕はiwork、iLifeの一連のソフトの連携を通じて、iwebに一番魅力を感じたのであった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする