驚喜の子供

うーん、またしてもやってくれた。

タドのブログの「夢のNintendo 64
に出ていたのが下記の映像。

人のエネルギーって凄まじい、素晴らしい。

なんのことない映像なんだけれどみてるだけで何かが伝播してくる。

この映像が魅力的なのはひとつには「驚喜」という感覚そのものが万人に訴える力を持っているからだし。

「Nintendo64を知っていてやったことがある」というコンテクストを共有しているかどうかで情報の伝わり方は変わってしまう。
(上記の映像、日本だと多くの人がNintendo64を知ってると思うのでわりと共感を得やすいのではないだろうか)

ゼルダの伝説 時のオカリナ
任天堂 (1998/11/21)

売り上げランキング: 3,948
おすすめ度の平均: 4.74

5
64ソフト最高傑作!!

5
最高

5
僕は今、ゲームの中にいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする