バイオハザード4

ゲームもやってみないことにはコメントもできないよな、と思ったのでバイオハザード4をやりはじめた。このゲーム、
素晴らしく良くできている。気づけば10時間ほどプレイしてしまった。

目の限界を感じたので休憩。

夢の中でもバイオハザードのインターフェイスで現実世界が再構成。

みんなでラーメン屋にいこうとすると狙撃のイベントに巻き込まれ、いつものミーティングのメンバーで戦っていた。

ゲーム恐るべし。

知らないうちにこんなに進化していたとは。

バイオハザード4ではインターフェイスが僕が知っていたバイオハザードとは異なりFPSに近い視点が導入されている。また、
難易度も設定できるので僕のように最近のゲームに慣れていない人間でも容易にゲーム世界に没入できる。

このタイプのゲームの場合「情緒」や「シナリオ」が重要で、映像の演出には映画の手法が用いられている。

海外のFPSも相当よくできているとのことだが、バイオハザード、鬼武者、
メタルギアなどFPSとも異なる3Dアクションドラマアドベンチャーなゲームは日本のゲーム会社に一日の長があるように思う。

そんなわけで今日はベストに良い天気なのだが引きこもりである。

バイオハザード4

バイオハザード4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする