18歳のCG作品

http://www.current.tv/studio/media/1758999

これを製作したのが18歳の青年だとは知らなかった。この彼である。

デモリールがあった。下記である。

http://www.makevisual.com/movies/make_reel1.html

いやー、スゴイな。センスとヤルキと根気があれば個人でもこんなのが創れてしまうとは恐れ入った。
日本のFLASHアニメや作品も面白いけれど方向性が随分と違うように感じた。
日本の場合CGのクリエイターで個人で充実感たっぷりにやれてる人はどのくらいいるのだろう?

僕の印象だが

やるきはあるが生活もしなければならない→暮らすためにとりあえず下請けをやってしまう→脳がちょっとづつドライブ感を失効していく→突拍子もないクオリティや内容の作品がでにくくなる→更に下層の下請けに走る

みたいな悪循環になってしまってるケースも結構あるんじゃないだろうか。

MAKE氏がソニーのCMに起用されるきっかけになった「V-CAM
をやっているcurrent.tvだが結構盛り上がっているようだ。
前に観たときよりも随分、質の高いコンテンツが増えたように思う。

CGMもいろいろ言われてるが「眠眠打破
みたいなCMなんだかプロモなんだかコミュニティなんだかわからない。肝はこれがケータイだけで撮影された映像のポータルだという点だ。
単体ではしょぼい映像や静止画、テキストがコンテクストで別物になっていく。こうういうサイトが発展していったら、
コミュニケーションの楽しさ&観る楽しさを持つチャンネルもありを○○で実装してしまうだろうなだ。

といったあたりで眠すぎるんで寝ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする