レントン教授

なるほど、と感心した。
ゲームに食傷気味であったがこれでもかと面白そうな新機軸はでてくるものだ。

何が新しいということでもないがこの組み合わせは斬新である。
このキャラクターデザインと世界観で多湖先生の頭の体操とは。
面白いものがでてくるには(これは心証だけど)組織のカタチがかなり重要なのだ、と僕は考えている。
個人の能力も発現させるには舞台が必要である。

■レントン教授と不思議な町
http://www.layton.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする