武士の一分

木村拓哉演ずる武士は意外にも地味な下級武士であった。

だが好演であった。

これまでの山田洋二時代劇の中でも一番、普通な(果し合いなど非日常ではあるが)時代劇だがその分リアリティを感じた。木村拓哉の口調だろうか。いつものあの感じが時代劇にもうまく反映されていた。

宝塚のトップだった壇れい(壇ふみとは無関係)の日本な感じも嫌いではない。ちょっと演劇がかった部分もあったけれどあの質感はすばらしかった。それをいったら桃井かおりのいけすかない感じも健在で毎度ながらあの手のひがみ根性たっぷりなひねた役ははまる。

脚本というか話に対しては、いろいろ腑に落ちないところもあるのだが木村拓哉と壇れいの二人が繰り広げるザ・ジャパンな感じのベタなシーンが心地よい。これが山田洋二節なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする