ドラクエIXがDSで?!

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20061212/sqex.htm

上記の記事を読むと、かなり期待がふくらんでしまう。
戦闘シーンがコマンドバトルではなくアクションになったことと、DSとは思えないグラフィックの表現バランスに脳内でイメージが膨張気味である。

予想していたとはいえ、世界は螺旋の階段なんだな、と感慨深い。
十数年前、プレストが出て、セガが絶好調でシェンムーが出ていた頃をピークにゲームが冷え込んで、セガがボロボロになって、ピピンがなくなり、プレステ2で方向がマニアに向いてしまいゲームがひどく面倒で複雑に感じられゲームをやらなくなって久しいが、DSあたりから人々の中のゲーム熱が復活しはじめている予感はしていたが、ここに来て急激に沸騰をこえカンブリア紀の大爆発なみにビジネスモデルやらシステムやらプラットフォームやら内容とぐっちゃぐちゃにカオスな熱気に転じつつある印象をうける。(ウェブの初期もそうだったんだけれどいまはビジネス色が強いので面白くない)

日本ではコンソールが強いのでまだユーザクリエイションが本格化してないけれど、時間の問題だろうな、と思う。
この波は音楽や映像も巻き込んでメディアインパクトに発展していく気がしているのである。

日々、面白い限りである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする