ハリウッド映画は好きですか?僕は製品としては尊敬してますが、作品としては嫌いです。

全部が全部ではないけれど基本的にハリウッド映画は嫌いだ。嫌いだけれどかなりの本数を観ている。

しばし考えた。
ハリウッド映画は僕の場合、映画を観るというよりも「確認」しにいっているんじゃないかと思う。

プロモーションと実際の間を知るための鑑賞。あるいはプロダクションシステムの先端やクリエイティブな組織を知るため、その他もろもろのバックエンドにある高度に情報化されたシステムの片鱗を感じるため、情報による快楽生成クリエイティブのゲノタイプ・フェノタイプが経済システムによってドライブされるダイナミズムに触れる為にそこにいっているように思う。

ハリウッド映画自体は全く好きではないものがほとんどだ。しかし、製品としてのハリウッド映画は驚愕に値する。人智のかなりコアな部分のゲノタイプ・フェノタイプの気配が漂う。情報製品・商品の最先端の先端がそこにあるように思う。
それが魅力である。

これもひとつの楽しみ方だ。

映画という意識ではなく製品としてみるならば下記などすごい製品だと思う。これを超える映画はつくれるだろうけれどこれらを超える製品を日本でつくれるのだろうか?

ダイハード4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする