WiiでYoutubeとTVシステムのタイトロープ

うーん、なんともこれは。
Wiiのブラウザで竹中直人の「レスラー」を観てしまった。
そしたら木内みどりの「東京メルヘン」が表示されていたので続けて視聴。

ありえん。
この感じはすごいヘンでパワーが半端じゃない。
TVを使ったコンテンツ流通システムはタイトロープのギリギリのところにあって、システムの内側はガラガラに穿られているのではないだろうか。

これでYouTubeがWii用の専用アプリを出してきたらWiiのヘンテココントローラーでリモコンでチャンネルを選ぶみたいにコンテンツを選べてしまうわけで、それはそのままTVについてくるリモコンの終焉になりかねない。おもしろ過ぎである。

危険すぎる。
その流れで石川秀美の「デストラップ」まで観てしまった。
衝撃だなー。
なんでこれがうちのTVで映ってるんだ?

これはもう止まらないだろう。
リンクがリンクを呼んでコンテンツがチェーンしていく。
TVは能動的な視聴に向いていないなんてのはウソだ。

続いて、中森明菜の「飾りじゃないのよ涙は」をクリックしてしまった。
これってTVを通じてYoutubeという中継器を通じて世界中のビデオテープがつながってる状態だよな。ヤヴァイ、ヤヴァすぎる。面白いよ。インターフェイスが変わっただけで別物に見えてきた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする