神田明神はグレートだった、そしてこんなオフィスが欲しいと切に思った

398278246 Ee286Ea3B3
何がそうさせたのかわからないが何故か神田明神にいってしまった。
数日前のことである。
秋葉原から歩いて10分くらいだろうか。
電気街から少し足をのばすと急な石段の上に異質な空間が広がっている。
398277313 1182D58397
この階段が男坂である。
お茶の水の明治大学の裏にある女坂と対になっている。
この時空がメイド喫茶と同時代のもととは思えない。
398278368 9569525E32
境内はこのように広々としている。
398276999 512De70Dae
そして参拝者を迎えるのはコイツだ。
398277106 56A4853F1A
なんともいい顔をしている。

しばらくの間、境内でゆっくりと呼吸した。
いい空気だ。

日本のオフィスの全てをこうした質感を持つ空間にしてしまったらどうなるのだろう、としばし考えた。
これまでとは全く異なる組織体系、プロダクトシステム、サービス、ガバナンス、などなどネット系やGoogleなどとも異なるおかしな(悪い意味でなく)企業のカタチが創造できるのではないかと漠然と思った。

それは何故だか大きな可能性を感じさせるのだった。
同日の夜に訪れた下記の場所も異空間であった。
398277744 9D549E91Ba

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする