PS3 HOMEのデモ

先日発表があったPS3「HOME」のデモ映像を観た。

そのっままPS3版セカンドライフなサービスなのだがさすがにコンシュマー機最高峰な映像は思ったよりも滑らかで美しい。しかし画像の方向性などあまりにもセカンドライフそのままな印象を受ける。任天堂の「どうぶつの森」はデフォルメによりノンリアルな3D表現でも心地よさを感じさせるがリアル指向な「HOME」が日本でどう受け入れられるかはかなり微妙だと感じた。

セカンドライフも最初は面白かったけれど、すぐに飽きてしまった。何かが合わない。違うのである。

僕の場合、ここまでリアルでなくて全然OKでスーパーマリオ64くらいのグラフィックがストレスなく動き、こちらで自由にマリオのイベントやアクションのライブラリを使え、サウンドをこちらで用意できるネット空間というのが欲しい。そのフレームにネット上の全てのマテリアルを融合していけたら理想である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする