午前6時、カタチがまとまってきた

ようやくカタチがまとまった、かな。
脳の中にあるイメージを具体的な映像や言葉に変換するのは相変わらずスタートをきるのが難しい。
スムーズに入れるようにするには環境を工夫するのと、日常的に5時間くらいのプランニング作業(実際にプレゼンをつくる)を習慣化して基礎体力をつけておかないと脳が次のレイヤーにあがっていかなくなる。わかってはないるけれど、気をつけないとなあ。この職業においては脳の貯金が空っぽになったら終いである。レバレッジが効くようなトレーニングをやっておかないとスグに地に落ちる。

環境としてのベストはマスターマインドが組めている状態、例えば大学の研究室みたいなノリ+イベントの当日のチームの熱さ、なんだがまずはマスターマインドを組めるスタッフを揃えるのが全ての基盤になるのだろう。ジム・クラークの自伝を読んでたらそう思った。気分転換にちょっとだけ読んだんだけれどかなり面白い。


“起業家ジム・クラーク” (ジム クラーク, オーウェン エドワーズ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする