Slide.com この先の話

ものの2分くらいでスライドショーが完成するこのサービスを提供しているのは「slide.com」。
プロがつくった映像やコンテンツを観るというスタイルからある程度のフォーマットを整えてくれるサービス(よりインテリジェントなデジタルコンテンツに特化したブログみたいなもの)による中間領域コンテンツの台頭へと進んでいくのだろうか?

プロモーションの集大成みたいな「ダイハード4」なコンテンツは無くならないと思うが、ポジションは着実に変わっていきより能動的な視聴と「感じる」コンテンツという流れもあるように思う。どちらかがどちらかを駆逐するのではなく補完・協調へとシフトしていくのがあるべき姿かと考える。

※sllideのmusicをautoplayにしていたらうるさいのでプレイボタンに変えました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする