勝どき橋の夏と福島での鯖釣りの話

1218925732 5Ef2855195
この映像は8月初旬の真夏日に勝どき橋から撮影したものである。
この時期、雲が多いのだがこの日はきれいに晴れていた。
数多くのボートがいきかう。
時折、ジェットスキーが快走していく。
こうしてみると隅田川も清々しくみえる。
しかし岸辺に立つと水質の悪化が実感される。
川底の泥は一度はまれば脱出は不可能である。

先日、実家に帰った際、父が最近釣りにいった話をしてくれた。
父の友人のS氏は船を所有している。
それに便乗したそうである。

釣り始めて早々、鯖がヒットしはじめたので鯖狙いに変更。
すると30cm級の鯖が一度に8匹程度疑似餌にかかり、あっという間にクーラーが満タンになったとのことである。
鯖という魚はヒットすると左右にものすごい勢いで走る。
醍醐味でもあるのだが30cmクラスになると尋常ではない。
それが8匹同時にとなるとただごとではない。
一度、あげるだけでもかなりの労力を要する。

「一度、道糸からバスっともっていかれちゃったよ」

とのことだから引きの強さがうかがい知れる。
あまりにも釣れすぎる為、急遽、カレイ狙いに変更したそうだ。
一緒にいったN氏は初心者ながら40cmオーバーのイシガレイを釣り上げたそうである。

釣りは田舎の豊かな楽しみの一つである。
次回、自宅でのBBQの楽しみについて書いてみたい。

■今日の予定
今日はこれからレンタカーで天王洲のデータセンターにいきサーバの引っ越し作業で池袋へ向かう。夜は終わり次第。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする