このブログを「Modern Syntax」でご紹介いただいた

このブログはあまり表にでないようにやっていたので著名なブログに取り上げられたことはなかったのだが「Modern Syntax」でご紹介いただいた。

紹介記事はこれ

「ポジティブ・前向き・おもしろい」と評価していただいて嬉しい限りである。

僕はモダシン氏とは話をしたことはないのだがこのように紹介されることで情報的なつながりが生じ、意識的な距離は近くなる。不思議な体験である。
ブログの横のつながり、ネットワーク論的には「リワイヤリング」な感覚を実体験させていただいた。

ところで僕はモダシン氏とお会いしたことがある。
といってもきちんと挨拶をしたわけではない。
デジタルガレージのイベントの時にマスダさんとナガノさんというライターの方と一緒にいるときに挨拶を交わした程度だ。

へー、この人があのブログを書いてる人なのか。
と思ったのを覚えている。

3年くらい前の話である。
そのモダシン氏と今度は全く違うルートで情報的なつながりができた。
僕はここに情報の振る舞いの面白さと可能性を感じる。

ブログには人と人の距離を情報的に近づけ、リワイヤリング関係を構築する機能があるのだと改めて思った。
情報ネットワークのその先には「情報の最適化による能力のドライブがつくりだす幸福のカタチ」がある。
自分はそう思うのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする