「Marine Wedding」 〜Ty Ziegel 傷跡〜

プランニングの先生であるノチ師匠の日記で下記のエントリーが紹介されていた。

戦争の意味を問う一枚の写真 「海兵の結婚」 花嫁の視線の先にあるもの

このエントリーでNYタイムズのウェブサイトに掲載されたスライドショーの6枚目の写真について言及されている。

・Marine Wedding
http://www.nytimes.com/slideshow/2007/08/21/arts/20070822_BERMAN_SLIDESHOW_6.html

ノチ師匠の日記の冒頭には説明はなく、この写真だけが引用されていた。
僕は映画のワンシーンだと思った。

しかし、エントリーを読み進めるうちにこれが現実のワンシーンであることがわかった。
これは現実に存在する二人の結婚写真なのである。

写真のタイトルは「Marine Wedding」。
新郎の名前は「Ty Ziegel」。

Youtubeに当日や普段の二人を描いたスライドショーがあった。

・Sergeant marine Ty Ziegel
http://jp.youtube.com/watch?v=HV04_IVyIgc

Ty Ziegelについては下記wikipediaに関連記事へのリンクがある。

Ty Ziegel(Wikipedia)

彼はイラク戦争で自爆攻撃にあい、熱で左腕と右手の指、そして顔の組織を失った。
頭蓋骨はプラスチックに置き換えられ、50回を超える手術(ウィキペディアによれば50回となっていた)と19ヶ月のリハビリ、入院生活の末、退院。

「Marine Wedding」は彼とRenee Klineとの結婚式(2006年)にNina Bermanによって撮影されたものである。

チャンネル5のインタビュー(動画)があったので下記にリンクを掲載しておく。

http://www.ksdk.com/news/cover_story/cover_article.aspx?storyid=107719

※最初、このエントリーのタイトルを「傷跡」にしようと思った。しかし、読み進めるうちにタイトルがあっていないように思え「Ty Ziegel 傷跡」にした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする