パワードスーツ(Powered Suits)


上記の動画をみてもらいたい。
高校生の頃に読んだ冒険小説にでてききそうなロボットが実写で紹介されている。

現時点での見た目は異様かつ滑稽だ。
パッと見はエイリアン2の最後にリプリーが乗り込んでエイリアンの女王と戦う運搬用のロボットに似ている。
しかし、数年後には「Halo」とそう変わらない外観を目指しているとのことだ。

乗り心地が気になるところだが登山などフル人力で行われている活動がこうした機器によって大きく姿を変える可能性も皆無ではない。

競技にエンターテイメント性が付加されるのであればエクストリームスポーツとして成立しないとは言えない。

漫画「プルート」にはロボット同士の戦闘を競技化したエンターテイメントが登場する。
いまは漫画の中の架空の競技だが「面白さの核」が成立するならばエンターテイメントとして成立する可能性は高い。

実際にSRLはアートとして成立している。
SRLに関しては下記の映像を参照して欲しい。


SRL – San Jose – Aug.11 2006


SRL Show (Survival Research Labs) – Maker Faire 5-20-2007

SRL Official Site
http://srl.org/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする