Ray Kuzweilのスピーチが最高に面白い

Kuzweilのキーノートスピーチに参加した人からは「すごかった」ときいてたが昨日インプレスウォッチにもレポートが掲載された。

稀代の発明家Ray Kurzweil氏による基調講演
とてつもない未来を語る、「The Next 20 Years of Gaming」

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080223/ray.htm

カーツワイルを知ったのは数年前に丸善で「The Singularity Is Near」を見つけたのが最初だ。
興奮して読んでいたのだが英文の為いっこうに読み進まずにいた。
そしたら、昨年、翻訳本がでた。


“ポスト・ヒューマン誕生―コンピュータが人類の知性を超えるとき” (井上 健)

これが異常に分厚い。
積んどく状態になったままだった。
そこでみつけたのが下記である。


“レイ・カーツワイル加速するテクノロジー (NHK未来への提言)” (レイ・カーツワイル, 徳田 英幸)

上記はインタビューのノベライズでエキサイティングな未来イメージがわかりやすく展開されている。

そして今年のGDCでの講演で再びカーツワイルの名前を目にした。

ネットを探してみると映像がみつかった。
TEDでの講演である。
これも面白い。

How technology’s accelerating power will transform su

Youtubeにも映像がたくさんあったので紹介したい。

こっちは2005年のインタビューである。
レイ・カーツワイルが描く「素晴らしき新世界」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする