[メモ]閉ざされた世界とその先の世界

日々、思うことだが忘れてしまうことでもある。
忘れないようにメモしておきたい。

「人は何故、閉じてしまったのだろうか?」

自分にとっては強烈に重要な問題である。

人の多くは閉じている。

それは後天的なものだろうか?
「知らないこと」がつくりだす関係性の溝なのだろうか?

閉じた人々を開くにはどうすればいいのだろうか?
それともそれは来るべき秩序へ至る過程であり、なるべくしてそうなっているのだろうか?

数値化することができない指標による階層化の傾向を数年前から感じているがそれは加速傾向にあるように感じる。(勝ち負けという指標とは別ものである)
それはおそらく必然なのだろうがひどく非効率な方法であるように思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする