アマラオ選手引退試合に磨が出場!サッカーファンは是非応援に!

昨夜、磨から

「5/11(日)にアマラオ選手の引退試合への出場が決まりました」

との連絡があった。試合には前園選手など往年の名選手が多数出場するとのことである。

アマラオ選手についてはwikipediaに詳しいので下記、引用しておく。

(wikipediaからの引用)
1987年、サンパウロ州の3部に所属していたコメルシアルとプロ契約。カッピバリアーノ、イトゥアーノと移籍した後、1992年にブラジルの名門パルメイラスにレンタル移籍した。
その直後、当時(旧)JFLに所属していた東京ガスフットボールクラブから勧誘を受け来日。1994年と1997年には天皇杯上位進出、1998年にはJFLでの優勝に貢献するなど活躍。この年の5月には東京ガスがサッカー部を翌1999年からプロクラブ化し、FC東京となる事も発表され、アマラオも引き続いてFC東京と契約しJ2リーグを戦う事となった。
1999年は一時怪我で戦線離脱したがJ2準優勝に貢献し、自身も来日9年目にしてようやく日本のトップカテゴリー・J1の檜舞台に立つことになった。
2000年のシーズン終盤には、翌年からの横浜F・マリノスへの移籍話が実現しそうになったこともあったが、結局2003年シーズン終了までの4シーズンの間、FC東京でJ1を舞台に戦った。しかしチームが若返りを図る一方で本人は現役続行を希望し、2003年シーズン終了後に退団することとなった。この際、クラブのホームスタジアムがあり、本人も当時居住していた調布市から感謝状が送られ、市役所にてセレモニーが執り行われている。
2004年からJ2の湘南ベルマーレに完全移籍したが、故障がちで目立った活躍をすることなく、2005年にはJFLのFCホリコシ(現・アルテ高崎)に完全移籍、2005年JFL後期第9節三菱水島FC戦でJFL史上初の1試合5得点を記録している。2006年8月にはチーム事情もあり、シーズン途中から選手を兼ねながら監督を経験している。2007年は新監督を迎えた為、選手として契約を更新していたが、長年悩まされていた膝のケガの回復状態が思わしくなく、2007年4月に現役引退を表明。この際、今後は日本で指導者ライセンスの獲得を目指し、将来はJリーグのクラブで監督を務めたいとコメントしている。
2007年5月より、ハロー!プロジェクトのメンバーで構成されているフットサルチーム「Gatas Brilhantes H.P.」のコーチを務めている。また外国人初のJFAアンバサダーに就任した。
また同年6月より東京中日スポーツ(同紙はFC東京を応援)にコラムを掲載するようになった。

磨はFC東京時代にアマラオ選手と一緒にプレーしていたこともあり旧知の仲で声がかかったそうである。

当日の試合詳細、および開催概要については下記をご覧にいただきたい。入場料などは無料とのことである。
アマラオ引退試合

磨によればアマラオ選手はブ「アマブロ」(注:アメブロではない!)というブログを開設しておりなかなかの人気とのことであった。ブログにアクセスしてもらうとわかるがこのブログ、テキストが「ひらがな」オンリーである。理由をきくと

「ああ、アマラオ、日本語はひらながしかかけないですよ。でもひらがなは書けるのでひらがなでブログ書いてるんです」

とのことであった。
僕は当日、残念ながら所用で東京を離れているため参戦できないのだが都内にいる方は是非応援にかけつけてあげてほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする