「HEAR AND NOW」 映画の力・生まれつき耳が聴こえない夫婦が「音」を獲得するドキュメンタリー

hear and now
上記の映画「HEAR AND NOW」はサンダンス映画祭で観客賞を受賞したドキュメンタリーである。
生まれつき耳が聴こえない夫婦がコクリア・インプラントという技術(頭蓋に穴をあけ機器を埋め込む)によって聴覚を獲得する過程を描いた作品だ。

インプラント手術の前後で彼らの生活は変わっていく。
監督は夫婦の娘であるアイリーン・テイラー・ブロスキー。

先ほどトレイラーの映像を観た。
術後の二人にどのような変化が生じたのか。
とても気になる。

市井の人々の人生にまつわるドラマを映画は時間を結晶化することで作品にしてしまう。
これを映画の力と呼んでいいのかどうかわからないがトレイラーの映像は強く訴えかけてくる何かを含んでいた。

■IMDb
Hear and Now (2007)
http://www.imdb.com/title/tt0912587/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする