まとまりがない

いろいろとアイデアが頭をぐるぐるめぐってしまいまとまりがない。
しかし、今週は予定もないので放っておく。

「なるようにしかならない」

のがこの世の真実のひとつであろう。

同じ方法でやりつづけても面白くない。
全く違う方法があるのではないかと夕方になると眠りながら考える。

Googleは情報を整理する。
では情報をつくるのは誰なのだろう?

一部は機械(コンピュータ)が自動的に生成するようになった。

ドラえもんの道具にマイクでコンセプトを吹き込むと合致したコンテンツにして吐き出してくれる道具があった。

「冒険モノ、涙あり、笑いあり、ボリュームは500ページ」

みたいなコマンドで操作する。
残念ながらこのような「箱」はまだ発明されていない。

人の脳の奥底にはイメージを生みだす箱がある。
眠ると箱は夢を紡ぎだす。
しかし、紡ぎだされた夢はいまだ映像のカタチで記録されたことがない。

現在、66億のブラックボックスが毎日やすむことなく映像をつむぎだしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする