先生へ

なんとはなしに師匠への言葉を口にしていた。
師匠といっても我が師とは分野を交えたこともなければ、専門に関する話をしたこともない。
ただ、それとは違うどこかで通じ合っていたということなのだろう。

かろうじて、首の皮一枚でまだ生き残っている。
約束はまだ果たせている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする