ソニービルにハイビジョンカメラを見に行った

昨日、ソニービルにいった。
ハイビジョンのカメラをみにいったのだが途中、写真を撮りますというので撮ってもらった。
係の女性がプリントしたものをくれたのだが

カガヤ「ねえ、データでも欲しいんだけれど?」

係の女性「スミマセン。そこまでのサービスはできないんです」

とのことであった。
そこでソニービルのスタッフの方々へ提案である。

データで渡すことは「そこまでのサービス」というほど難儀なサービスではないと思うし、需要も多いだろうからこの際、軽いアプリorデバイスを開発してしまう、もしくはオペレーションマニュアルをちょっと工夫して実装する、というのがいいんではないだろうか。

ちなみに撮ってもらった写真のプリントはこれ。
P1010372.JPG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする