マクロスF(マクロスフロンティア)全話(1〜25話)を3日で視聴

かなり疲れたが連続して観ることで話の流れと盛り上がり具合とストーリーにどこで無理がかかってくるかなどよくわかった。

初代マクロスの三角関係な恋愛模様と異生物との遭遇というモチーフを踏襲しつつ現代版として再構築されている。マクロスゼロが出てきたり、シリーズを通して観ている視聴者にとってのサービスも忘れていない。

14話くらいで話がグチャっとしてきたり、恋愛模様がドロっとしはじめるあたりからは楽しめた。
ガンダムSEEDだと人間関係のドロドロ度合いがかなり強いのだがそこまではドロドロしない。
かわりに「歌」という要素が加わり、後半は半ばミュージカルアニメな様相を呈してくる。

タケもブログで書いているように最終話では歌パワーが爆発。
確かにライブにいってしまいそうな勢いである。

アニメのキャラを何とかして実体化できないものだろうか。
というのは多くの男性の夢でもあるのか。


マクロスF(フロンティア) 2(blu-ray Disc)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする