映画「その男ヴァンダム(JCVD)」レビュー&感想

観てきました。

■オフィシャルサイト
http://vandamme.asmik-ace.co.jp/

■トレーラー(HD版)

ネットではC級とかいわれてますが僕はヴァンダムの最高傑作だと思います。
といっても他のをあんまり観てないのですが。

英語字幕でよければ、ネットでも全編視聴できます。
(フランス語がメインなのでヒヤリングは無理です…)

http://so.ku6.com/v/qjcvd

なんか昨日みた映画がオンラインで視聴できてしまうのってどうかと…。とはいえ中国はスゴイなあという想いの方が強く。話せなくてもいいので中国のオンラインサービスメニューは不自由なく使えるように中国語を勉強していこうとお思います。ネットに限って言えば検索できてちょろっと中国語が読めればれば十分なので。

さて話をヴァンダムに戻しましょう。
ネットだと一番人気は下記の「ヴァンダムダンス」ですね。

この動画がダントツの人気です。
観るとわかるんですがヴァンダムは想像しているのよりも小柄です。

■感想

映画の方は映画界に対する皮肉たっぷりで非常に楽しめました。
映画好きなら観て損はなしです。

ヴァンダムはほとんどフランス語を話してます。
これが意外にしっくりくる。(トレイラーは英語に吹き替えられてます)
ヴァンダムはこの路線に変更する方が良いんじゃないでしょうか。

映画の中で「ローヴァジェット」の話がでてきます。
低予算の映画の話なんですけれど6億円くらいの予算のアクション映画ってほんとに目も当てられない感じではあるんですよね。

まあワールドワイドで流せばビジネスになるのでなくなることはないと思います。テレ東の昼間にやってる映画みたいな位置づけのコンテンツって常に必要だと思うので。

映画の仕組みについて詳しく知りたい方は下記を読んでみてください。制作費100億円の仕組みがわかります。


ビッグ・ピクチャー―ハリウッドを動かす金と権力の新論理

下記は映画の中にもでてくる「ハードターゲット」。ヴァンダムの代表作の一つです。


ハード・ターゲット (ユニバーサル・セレクション2008年第8弾) 【初回生産限定】 [DVD]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする