スーパーカブC100の燃費知ってますか?

ガソリン代がとんでもない上昇を続けている。

普段、自転車しか乗らないのであまり気にかけたことがなかったが、先日、車にのせてもらった際にガソリン代についてきくと、一回の給油で1万円を超えるとのことであった。

そんな折、スーパーカブC100の写真を目にする機会があった。
資料によればスーパーカブは発売から50年を経てなんと驚愕の6000万台を売り上げ、全世界160カ国で愛用されているとのことである。

更に驚いたのは燃費だ。

以前、誰かに

「加賀谷さん、スーパーカブは燃費100km/ℓなんですよ」

と言われたが

「そんなばかな?」

と本気にしなかった。

資料を観て驚いた。
定地燃費は本当に100km/ℓであった。
実燃費も50km/ℓを超えるそうだ。

凄まじいものである。

しかし、テクノロジーの粋を集めた現代のモーターサイクルの燃費が50年前に開発されたスーパーカブに及ばないのはいかなる理由によるのだろうか?

車が欲しいと思ったことは無かったが唯一「テスラ」と「i MiEV」だけは欲しいと思った1台である。

i MiEVについては下記のレポートがわかりやすい。

Tesla Roadsterはこちら。

相変わらず、”unbelievable”な加速である。

スーパーカブについては下記の動画が最高である。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です