DS版のゼルダが待ち遠しい

おいでよ どうぶつの森」をほんの少しだけやった。

ワンダと巨像
をやっていたせいもあるのだがDSのこのインターフェイスはやはり

で次ぎのレベルにいくのかなあ、と思う。

久しぶりに家庭用のゲームをやってみると

「あそこにあるあれをこうしたいのになあ」

と思うことが多々あって、どうもコントローラー、インターフェイスに問題があるように感じるのである。

現実世界でもモノを探すときはどけたり持ち上げたりということをするのだがゲームの世界だとキャラをラジコンでもやるかのように操作しなきゃいけなかったりして、
 Half Life(FPS)をやってみたらどうにもストレスフルなのである。

DS版ゼルダはこのストレスからの開放を予見させる。

そして近未来は「Quest of D」だろう。

アクションRPG系のアーケードゲームにタッチパネルが組み込まれることでこんなにも自由度が増すのである。

未体験の方は是非一度プレイすることをオススメする。

何かしらインスパイヤされるのではないかと思う。

この体験についてはポッドキャストで。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です