相撲からSUMOUへ

これもなかなかに考えさせられる映像である。

相撲といえば大相撲ダイジェストな脳内イメージとリンクしていたのだが、エフェクトがかかり、音に合わせて編集が加わっただけでこれが別ものに変わる。

人の編集能力とは素晴らしいものだと再確認した。
特にデフォルメ感覚が素晴らしく、ゲームあるいはアニメのメタファー/ナラティブがエフェクトとして適応され映像化されているといったらいいのだろうか。

この映像がアマチュア云々という議論はさておき映像パワー/エネルギーとしてみた場合、凄まじいとしかいいようがない。
あいかわらず世の中には面白いものがたくさんある。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL