今年初のカキフライ 〜四谷エリーゼは大人気であった〜

今年はじめてのカキフライは四谷の洋食屋エリーゼであった。
いぜん、キシザキさんにごちそうになって以来だからいつぶりだろう?

お昼は長蛇の列。
あまりに列がながいので上智大学のカフェにいって時間をズラした。
学内は所狭しと出店の準備が進められている。
明日から学園祭なのだそうだ。
そういえばタドが多摩美も学祭だといっていた。

藤幡先生の展覧会のオープニングが京橋のaskであったのだがすっかりわすれていた。
前回は朝までディープにお世話になった、モウリさん達はこの展示でも元気にやっていたのだろうか?
フルハシさんもボクシングその後、どうなったのだろう?
試合みたかったのだけれど、10月の試合日程のメールはまだこないのであった。

この投稿へのコメント

  1. mXho said on 2006年11月3日 at 5:29 AM

    おはようございます。
    数日前のエントリーでしたが「かちどき橋」からの画像は、いつもとても綺麗で、すーっと深呼吸したくなりますね。
    「かちどき橋」といえば「渋滞」のイメージしかなかったので。
    皆忙しいから猪突猛進で歩いているけれど、ふと空を見上げたりすると、夜から朝、夕暮れから夜、魅入られてしまいそうな月、壮大な自然のショーに出逢えたりしますね。
    なぜか空を見上げる癖があるらしく、印象的な月は幾度も見ましたが、朝や昼間は余裕なくて何も見てなかったなぁ、と。
    太陽の下、空と水が調和している神々しいような景色が、東京にもまだ残っていたんだなぁ、と(しかも渋滞イメージのあの場所に!)
    気づかず過ごすのはもったいないような、そんな気持ちになります。

  2. かがや said on 2006年11月3日 at 2:32 PM

    昨夜の月はきれいでしたね。
    夜と朝の狭間、そして昼とよるの狭間の時間は都市にいても宇宙的な奥行きを感じさせる時間だなあ、と思います。

  3. ななしさん said on 2006年11月3日 at 10:47 PM

    あら、藤幡さんのオープニングって明日じゃありませんでしたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です