紙の資料や書類の不便さ

打ち合わせにいくと紙の資料や書類をやまほど渡されるがそれ以降これらを利用することは皆無といってもいい。
理由は

「無くしてしまう」
「探せない」

これにつきる。
秘書でもいればいいのだろうけれど。
とにかくどこにあるのかがわからなくなる。
資料として整理する方法がたくさん提案されているがあれを実行できるのは一握りの人に限られる。

仕事毎にボックスに入れてアーカイブ化しておくというのも手ではある。
しかしそれを可能にしているのは彼らの所有する巨大なアーカイブスペースであって、万人に可能だとは思えない。

スキャンするのが一番利便性がよいようにも思うけれどこれも盲点があって、誰がスキャンするのか?
が抜けている。
シートフィードスキャナーだったら簡単だよ、ということも言われるのだが経験上、詰まることが多く、あれもかなり面倒である。

じゃあどうすればいいのか?

簡単に言うと全部捨ててしまえばいい。
契約書や債券の類はしかたがないとしてその他は全て捨ててかまわない。
二度使うような頻度のあるデータや資料はほぼ確実にデジタイズされて存在している。
これが結論である。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です