総評がようやく言葉になりました

先日、アオキさんに

「で、総評はどう思う?」

ときかれたんですが通り一遍の答えしかできませんでした。我ながらキレがないなあと思っていて、それが悔しかったんですが、いまさっき、そういえばきかれたっけな、と思って考えてみたらパっと言葉が浮かびました。

「楽しかった」

よく考えるとこれ以外に総評はないですね。
しかし、この5文字を思いつくのに3日かかるとは。

明日の津田グループ集会でみんなの力を借りてシェイプしないとだめだ。

これもさっきシャワーを浴びる前のことだんだけれど、OverheatsのDVDをセットしているとき、アイデアがパタパタと浮かんできてしまい。

「頼む、そういう閃きは一週間前に来てくれよ!」

と唸っていました。大したことではないんですがダンスの最後にカーテンコールやったとき、僕も一緒に列に加われば絵的にパーフェクトだった、と思いついたんですね。

そういえば…。
先週の今頃はヤサカさんたちと「神田まつや→神田みますや→銀座カール→中目黒いろは」と超ディープな夜を過ごしており、翌日の昼には沖縄に向かう飛行機に乗っていたことに気づきました。つまり、もう一週間たっているわけです。ヤヴァイとしかいいようがない。一週間が2日くらいな印象です。

明日も盛りだくさんで笑ってしまうんですがこれもリアルさのない日常ならではの醍醐味ではないかと。

一瀬さんが教えてくれた

「人生は所詮死ぬまでの暇つぶし」

という言葉を反芻します。
我々がよくつかっていたキーフレーズを忘れてしまいバシ師匠に電話しました。師匠も忘れていたんですが数分後電話がかかってきて。

「カガヤくん。思い出したヨッ!

目配り、気配り

「カネ配り」

汗は自分でかきましょう

「手柄は人にあげましょう」

これだよ〜。いやー、いいね。」

師匠、最高です。
素敵です。

そして今夜も眠れないなあ。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です