「シグルイ」10巻 映画を超える脳内映像の擾乱にのけぞった

毎回覚悟を決めて読むのだが今回も強烈過ぎる映像感覚で脳にガツンと一撃を与えられた。

10巻を迎え物語はいよいよ混沌から秩序へと軌道を修正しつつある。が、その表現型は…。捻れるとはこういうことをさすのであろうか。脳が予想する道理とは逆側に映像が展開されていく。

これぞ希有なる映像体験である。
刮目せよ。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL