先生へ

なんとはなしに師匠への言葉を口にしていた。
師匠といっても我が師とは分野を交えたこともなければ、専門に関する話をしたこともない。
ただ、それとは違うどこかで通じ合っていたということなのだろう。

かろうじて、首の皮一枚でまだ生き残っている。
約束はまだ果たせている。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です