今日でネルソン・マンデラ氏が90歳

昨夜、コンビニで夕刊を買った。
夕刊を買うのは10年ぶりくらいだ。

パラパラめくっていたらネルソン・マンデラ氏が今日で90歳との一文を見つけた。

実はマンデラ氏については詳しく知らない。
反アパルトヘイトの活動家で長期にわたり投獄されていた、ということは見聞きしていたがいかなる思想の持ち主なのかは全く知らなかった。

マンデラ氏は1964年に国家反逆罪で終身刑になった。
その後、30年近くを刑務所に囚われ、1990年2月11日に釈放される。

4年後の1994年4月、南ア史上初の全人種参加選挙に勝利し大統領に就任した。

波乱の人生どころではない。
終身刑から30年経て大統領である。
凄まじい人生である。

アパルトヘイトを扱った映画は幾つかある。僕がこの問題についての映画を観たのは「遠い夜明け」が最初だった。当時は高校生で街のレンタルショップで借りた。監督はリチャード・アッテンボロー。映画「ガンジー」も同監督の作品だ。

おぼろげな記憶だが群衆が駆け出すシーンがあって、そのシーンが有名だったように思う。
久しぶりにもういちど観たい映画である。


遠い夜明け (ユニバーサル・セレクション2008年第7弾) 【初回生産限定】

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です