タイムシフトというか反著作権というかこっちが未来だよね

というわけで下記、明かにTV番組の違法アップロードである。

しかしまあ全く違和感なく見入ってしまった。

現行のネットデバイスでの視聴に適しているのはこのくらいのボリュームのコンテンツなのである。

まあそれよりも重要なのはこういうカタチでネットでコンテンツが視聴できる方が効率的だし、
死蔵されている映像ソースも喜ぶというものであろう。

ネットでの視聴による対価が発生しない件についてはこの際、過去は捨てて貰ったほうがいいんじゃないかと思う。
でないとこの部分が足かせになっていつまでたっても前に進まない。

死蔵されたままならば問題になっている放送コンテンツのネット利用による権利も何も絵に描いた餅。結果オーライでまずやってみて、
やり方を探す方が賢明だ。なにせ時間の問題なのである。フガフガやっているうちに上記、
YouTubeのようなサービスに個人が保有している映像ソースが匿名でガンガンアップされていく。
現行のコンテンツ管理方法ではこの流れを止めることはできない。

そもそもコンテンツホルダーがこれの後追いというのはマズかろう。

イノベーションが最も必要なパートである。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です