大江戸線からみた地下世界

地下鉄の運転席からの風景をじっくりとみたのははじめてである。
右に左に、上へ下へ。
うねるトンネルはボブスレーなみの疾走感である。

毎日、この風景をみながら運転する彼は地上で何を思うのだろう。
しばらく彼の視点のその先にみえる風景を想像していた。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です