プロレス談義

思いがけずオフィスのクラツさんと格闘技ネタで盛り上がった。
全くノーマークであったがクラツさん、尋常ではなく格闘技ファンであった。
こんな身近にこんなにも熱い人がいたとは!!
クラツさんは大の天龍ファンとのことである。
実にグレートだ。
天龍のコガッツで話が通じる人はそういない。
うれしい限りである。

それはいいのだが仕事の方はトンでもなく疲れた。

その後、雨の渋谷を抜け、ある話を聞いたのだがそこからイメージが展開した。
それが昨日の最も得難い数秒であった。

自分のやってることやり方、方向、ポジション、内容、それらをドラスティックにヤヴァイレベルで変質させないと後の20年くらいが「ひと味違う人生」とはかけ離れたものになると確信するとともに慄然とした。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL