2003年に発売された幻の電気自動車EV-1についてのドキュメンタリー作品を見つけた!

予告編をみるまでこの映画について知らなかった。
非常に興味深い。
1996年に売り出され、2003年に生産停止となった電気自動車EV-1についてのドキュメンタリーである。
作品ではEV-1が消滅するに至った裏事情について触れている。

日本語字幕版の予告編は下記。
http://jimax.tv/player.html?jmv=55&jmk=38

そして、驚いたことに下記で全編が視聴できる!こうした話には必ず陰謀説がついてまわるが本作では暗に示唆するにとどまっているようだ。
真相については上記で視聴後に各自判断して欲しい。

話は変わるがこの視聴体験を通じて近未来の視聴環境は

観るべき人が
観たい時に
観たいものを
観ることのできる世界

になっていくことを確信した。

これは情報の本性のようなものであり、あらゆる情報は本質的にその価値を最大化するために最適化へと向かう。
もはやこの潮流はとめることが不可能である。

追伸:ネットで「○ちゃんねるをとめてやる」といった記述を読んだ。しかしこうした言説は全くネットの本質を理解していない。○ちゃんねるが封鎖されたところで同じインターフェイスの別なサイトが瞬時に現れ、同じ情報環境が構築されることは自明である。また、情報が表出しようとする流れは本性であり、とめることはできない。
止まることのない情報のストリームをどうすれば転換できるかを考えるべきであり、封鎖や断絶といったアプローチは何の解法にもならない。より情報的な、あるいは生物的でダイナミックなアプローチによる解法を開発すべきである。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です